ビットコインや暗号の通貨(仮想通貨)を購入したらウォレットに移動しましょう。

ビットコインや暗号の通貨(仮想通貨)を購入したらウォレットに移動しましょう。ビットコインのウォレットにはそれぞれ個別の「アドレス」というものが存在します。

例えばビットフライヤーのあなたのアドレスを確認するには、「入出金」→「BTCお預入」をクリックすると、あなたのビットフライヤーに作った口座のアドレスが表示されます。私がおすすめするTREZOR(ウォレット名)ならReceive(受信)と表示されているボタンをクリックしていただくと、ビットコインアドレスが表示されます。それでは早速取引所からTREZOR(ウォレット)へ送金してみましょう。

まずはTREZOR(ウォレット)のアドレスをコピーして、ビットフライヤーの「入出金」→「BTCご送付」を開くと、ビットコインアドレスを入力する欄がありますので、そちらにコピーしたTREZOR(ウォレット)のビットコインアドレスを張り付けてください。ラベルと書かれているところには、どこへ送るのかわかるようにTREZORなど、ご自身がわかる言葉を入れて「追加する」ボタンをクリックして送信先の登録は完了です(複数登録可能)。

次に送信先を選択して、送金する数量を入力します。ビットフライヤーの場合送金手数料が「優先度」というもので選択可能ですが、手数料を高く設定するほど早く送金されます。はじめての送金の際は、少額だけにするようにしてください。いきなり大きな金額を送金して送金先のアドレスが間違えていたら返ってこないので、慎重に行ってください。

あとは「送付する」ボタンをクリックすれば送信完了です。しばらくしたらTREZOR(ウォレット)に入金されているはずですので確認してみてください。TREZOR(ウォレット)に反映されていれば送金成功です!ウォレットに移動したビットコインを、再度取引所に戻す場合は、ウォレットから取引所のアドレス宛に送信する形になります。最後に少しビットコインアドレスについてお話ししておきます。取引所への登録の際は、身分証明書を提出したり書留による本人確認はあるものの、ウォレットを作成する際には個人情報の登録義務はありません。

ですので、間違えたビットコインアドレスへ送金してしまうと、送ったアドレスはわかるものの「誰に送ったのか?」ということがわからないので、返金請求ができません。

さらに言うと、ビットコインは日本国内だけでなく、世界中で使われていますし、ウォレットもいくつでも作ることができるので、作ったものの使っていないウォレットへ送金している可能性もあり、送信先のアドレスを間違えると取り戻すことは不可能と思っておいてください。銀行などで振り込みを間違えても、申請すれば戻ってきますが、仮想通貨ではそうはいきませんので、送信前に必ずアドレスに間違いがないのかを確認する癖をつけておいてくださいね。つまりどういうこと?アドレスを間違えると取り戻せないので、最初は少額から慎重に送金してください。