【FX】自動売買ツールEAは資金が溶ける可能性大

  • 2020年12月17日
  • 2020年12月17日
  • FX, 投資
  • 2view
FX

自動売買の選択

最近コロナの相場で変動が今かなり大きい状態だと思うんですけどその中でいろいろな自動売買というのがやっぱり資金が0になったりとか強制ロスカットになったりとかね損害を被ってしまうっていうケースが多発してるんです。

そればかりは時代の流れとかその時の出来事によって変わってきたりするので避け難い事態だとは思うんですけど今回の話っていうのはそういった資金が溶けてしまう自動売買はどういうものなのかまた危険ツールを選ばないためにはそういったポイントに着目するのがこちらをお伝えしていきたいと思います。

これは自動売買を始める方や初心者の方っていうのは参考になると思います。

ので是非最後までご視聴してくださいってまず大前提を伝えするんですけどこのように完璧なシステムっていうのはないんです。

全部の相場の対応できてどんな時代でも適用できるこういった自動売買は見たことない。

1例を用いてお伝えすると場そのトレンドが得意な自動売買があったとします。

これというのは上昇トレンドが来たら高台に勝てるわけなんですけど反対に下降トレンドの方が来た時っていうのはマイナスを出してしまいます。

レンジ相場っていうのは五分五分くらいだと思ってやっぱりこれが今の時代当てはまるのか当てはまらないのかっていうのがあるんですねなので何が言いたいかというと時代にそぐわない特徴の自動売買いうのはどんな自動ば依頼も一長一短ですし弱いところっていうのは必ずあるので僕はすべての自動売買はこの強制ロスカットっていうのはあり得るんじゃないかなっていうふうに思っています。

それを踏まえた上で強制ロスカットになりやすい可能性が高い自動売買を今回はご紹介していきます。

1つ目

一つ目なんですけどもそれは資金管理ができていなくてハイリターンな自動売買です。

当然ねこれは当たり前だと思うんですけどリターンが上がれば当然にリスクっていうのも上がります。

月によっても変わってくると思うんですけど僕は20%以上の月次の自動売買っていう

のはかなりハイリスクなんじゃないかなというふうに思ってます。

月利20%以上で打つで長期で1年間とか3年間とかねそれだけ続いている自動売買っていうのは僕はまぁ見たことないです。

なのでハイリターンがツールっていうのは当然溶ける可能性は高い

2つ目

2つ目へこれはオンオフがない自動売買です。
自動売買というのは基本的に荒れそうな相場とかあれる経済指標のところっていうのは特にするんです。

なぜかというとそれが上がるか下がるかってその発表されるまで誰もわからないんです。

例えば非常に有名な経済指標でこれを統計というものがありますこの雇用統計というのは要はアメリカのの失業率とか保養所数の増減を発表するニュースなんです。
この雇用統計が発表されるとってものすごい動くんです。
なんで動くのかっていうのは今回考えてるんですけども要はめちゃめちゃ動くという事です。

この雇用統計を予想して今回の雇用統計は上がる可能性が高いとか下がる可能性が高いなんとかこの予想するのってほぼ不可能です。

なんでかっていうとその経済指標を予想するアナリストっていう人たちがいるんですけどこのプロのアナリストが選んだとしても的中率っていうのはだいたい45パーセントぐらいしかないです。

50%を回っちゃってるんです。

なので50%前後くらいだったら2分の1と同じなのでこれも的中してないと同じだと思います。

なのでそれを予想して取引をするということはほぼ不可能です。

経済しようっていうのはだいたいこういった予想ができない伝えるというのがほとんどなんです。

その1/2にかけて毎回ハイリスクでハイリターンを狙うっていうのはこれ長期売買としてはお勧めできないです。

基本的にいろいろな自動売買みましたけどやっぱり大きい動くところというのは基本的に自動売買を苦手です。

だからこういったリリックを避けるためにもをも降っていうのは基本的にする自動お前はいる方が絶対にいいです。

3つ目

3つ目のポイントですそれはバックテストというような過去のデータをを基づいてここで自動売買を運用した時にどういった結果が得られたのか

こういったバックデータで10年間分ありますが20年間がありますとかそういう歌い文句の自動売買って非常に多いんですけど

ただその反面実際にフォワードデータがとっていない体ケースがあります。

なのでこのバックテストのデータだけんを基づいて非常に結果がいいですよということを歌っている自動売買が危険です。

これなぜかと言うと角の相場っても詰まってるんです。

ここで上がったとかここで下がったとかそういったものって深くの相場なのでわかってるじゃないです。

なのでそういった籠の相場がわかっている中で自動売買を様は挑戦して良い結果を出すっていうこれでできちゃうんです。

その時代が流れがあるわけでそこににあたかも当てはまったような自動売買を制作するということができたわけです。

当然これをやれば10年分だろうは20年分だろうが良い結果を出すなんて簡単にできるわけですじゃあそこで何が必要になってくるかというとフォワードデータの入って実際の限界価格において自動売買を運用した時ので以下というのが絶対必要です。

現在価格で運用しているということは未来のデータというのは当然取れないわけですしどうなるかっていうのは分からない状況の中で運用して言ったそういうデータなのこのフォワードメーカーがあればある程度は自動売買のどれくらい続くのかなっていうのが分かると思います当然猫のフォワードデータというのも短期間のものよりも長期間方が絶対いいです。

長時間というのはどれくらいなのかというとだいたい1年くらいあったなぁ十分じゃないかなっていうふうに思います。

なのでまあいいデータを用いてちゃんと自動売買の結果を示せるところっていうのがいいです。

4つ目

4つ目のポイントです。

子供売買の特性と今の相場が合わない
これは強制ロスカットになる可能性が高い。例えば2018年から非常に流行ったツールがあるんですけどががアンビションシステムってのが日本一有名なんです。

そのツールっていうのは2018年は凄いかったんですよ2019年もまあまあだったんですけど2020年になってからこの相場の変化っていうのが大きくなって1日のボラティリティーも激しくなってその中で運用するというのは結構難しくなったんです。

詳細は今回発売するんですけども掛け金を上げていくっていう性質があるのでレンジ相場と言ってこういった行き来をして均衡状態ある相場は強いです。

ただ今の方ばみたいに一方方向にガーッといったらもう戻ってこないとか要はあがりっぱなしとか手かがりぱなしって相場非常に多いと思うんですけどこのアンビションシステム知ってるっていうのはこれだけの幅は耐えられますよっていうのがあらかじめ決まっているわけなのでそれをオーバーするような相場です。

許容範囲外の相場というのはこれですね強制ロスカットになる可能性が高いです。

なので今の相場等特性ですね自動売買の特性テイラーが合わないのは結構難しいのかなというふうに思います。

こういった特性もですね判断するのは難しいんですけどフォワードデータがあればだいたいはその自動売買の特性というのはに書いていきます。
ただこういった国政を判断するって結構難しいんですけどもフォアードデータがあれば大体どういったふうな動きをしてどれぐらいのロットをとってどういったポイントで決済するというのが僕もある程度わかる。

まとめ

全然大丈夫です。
入りは最後にまとめますと共生の深くになりやすい自動舞北長はまず。
1つ目のポイントがオンオフがない
2つ目がハイリスクハイリターンが自動売買
3つ目はバックテストもデータだけを下っておりフォアードデータがない
4つ目は相場等ツールの特性というのは合わないと思えばいい

この4つのポイントが当てはまる自動売買っていうのは強制ロスカットになりやすいので気を付けて下さい。

ただ当然でこういった自動覚えはいって悪いとか良いとかって僕はあんまりないかなと思ってるんです。
やっぱり相場に適用すれば実際に威力を発揮しますし必ずしも悪いというわけではないです。

当然ねハイリスクハイリターン期間で回収するっていうのが好きな人もいるんです。

矯正の使ってになってしまったとしてもそれまでの資金っていうのを確定して出勤しておけば家だとしても別にマギー家だしているからいいよねっていうこともあるんです。

ただそういった使い方ができるのは基本的に玄人の方だと思います。

僕も最初の頃っていうのはやっぱりショックでしたしメンター例の大きいので初心者の方には僕は基本的には硬いシステムのほうがいいんじゃないかなっていうふうには思っています。

ハイリスクハイリターン初心者の方というのはどうリスクローリターンからミドルリスクミドルリターンぐらいです。

そういった自動売買を主軸にしたらいいんじゃないかなというふうには思います。