洗脳されたゴールを設定しないこと!

ゴールを設定するときの注意点とは…?

ゴールを設定するときは、本当に自分がなりたいものであることです。

しかし、バイオパワーによって洗脳され、自分のゴールだと思い込まされている場合がよくあります。洗脳されたゴールとは、いい会社に入らなければならない、出世しなければならない、お金をたくさん儲けなければいけないなど、自分の意思ではなく、世間的な先入観によって設定されてしまったゴールのことです。

~しなければならない(=haveto)でゴールを決めてはいけないのです。havetoでしていることは、すべてバイオパワーなのです。もっと言えば、havetoは、生活の中に1個でも入っていてはいけないものです。havetoを全部消しかところにコンフォートゾーンがあるのです。お金持ちになることをゴールにした人が、お金持ちになっても満たされていないことがあります。

稼がなきゃいけない=havetoで働いているから、ちっともコンフォートゾーンではないのです。自分の行動すべてを、したいからする(=wantto)にすることが、とても重要なのです。私がこう言うとよく、月曜から金曜はhavetoで働いて、土曜と日曜の週末はwanttoで自分のしたいことをするために過ごしてもいいですか、と聞く人がいます。

しかし、それではダメなのです。havetoが1個でもあると、本当のゴールは見つからなくなります。自分のコンフォートゾーンは、完全にwanttoだけで作り上げるのです。