自分の価値を自分でお金に変えられるのは、能力が高い人

今回は、「自分の価値を自分でお金に変えられるのは、能力が高い人」というお話です。
経済力。言い換えるならばお金を稼ぐチカラ。付き合う人の条件として挙げる方もいるほど、大切なものと言えます。「経済力がある人と付き合いたい」なんて言うと「結局お金かよ~」なんて返されることもあります。でも、この経済力がある人を好きというのは角度を変えると違う見方が出来ます。これは実は人間として本能的なものであり、的を射ていることではないかと思います。

お金を稼げる人は強い人

マンモスが居た時代。男性はマンモスを狩りに。女性は家を守る。そんな生活でした。女性側で考えれば、女性は男性に守ってもらわないといけません。そうするとおのずと女性は「強い」人を求めます。マンモスを倒せないと、自分たちの生活が出来ないので、これは当然のことと言えます。昔の時代だと戦うのが強い人だったかもしれませんが、これは今の時代だとお金を稼いでくれる人。お金で生活をしているだけに「経済力がある」というのはお金を稼ぐ力が強い人だと言えます。きっと人間は本能的に強い人が好きなんだと思います。でも、これは守ってもらいたい側の方の心理です。
お金を稼げる人は強い人

経済力がある人は前向きだったり、やりたいことをやっていて輝いている

現代は男性だからとか女性だからとかは少なくなりました。また、あくまでお金持ちではなく、経済力というところにもポイントがありますお金持ちの場合は必ずしも自分がお金を稼いでいるわけではありません。両親からのお金や宝くじのお金だなんてこともあるかもしれません。対して、経済力とはお金を稼げるチカラ。つまり、自分の価値や労働などを自分でお金に変えられる能力が高い人と言えます。お金はエネルギーの集合体。経済力がある人とはエネルギーがあふれるような生きる力の多い方と言えます。このような方は前向きだったり、やりたいことをやっていて輝いていたりするので、自然と魅力も高い方が多いです。経済力があることで心の余裕も生まれ、魅力の高い方になっていくという好循環。当然のようにモテます。男女間だけでなく人として。私たちは生きていかなければなりませんので、生きる力はとても大切です。

経済力は人として大切

その生きる力を分かりやすく表しているのが経済力。努力や行動、失敗や挫折に経験や自己投資など。経済力を身に付けるのは簡単ではないからこそ、人として磨かれていくことと思います。そう考えると、やはり経済力は人として大切だなと思いませんか?経済力を身に付けていくことがあなたの魅力を高めていきます。あなた自身もあなたの周りの大切な方も。安心して過ごせるように生きる力を磨いていってくださいね。