【働き方・ビジネス論】顧客の要望は当たり前のところにある

久しぶりです。四代目シャイニング丸の内です。新しくTwitterとブログを作りました。
ビジネスのことをたくさんお話していきます!(^^)/

ビジネスの需要は身近なところにある

Yシャツを自宅で洗わず、クリーニングに出す人は多いです。そんな多くの 方が経験したことがあるのが、袖のボタンの割れです。これは袖を機械でプレスする際に割れてしまうのが原因です。割れを回避するためには、アイロンで手仕上げするしかありません。プラスチック製のボタンも割れますが、特に、シェル製のものは割れやすいですね。
実際、クリーニング店の店内には 「クリーニングの過程でボタンが割れることがありますので、ご了承ください。」などの掲示がされていることもあります。そういう私も定期的に割れを経験し、割れるごとにボタンを付け替えていた訳です。しかし、もう我慢ができなくなった訳です。そこで、元々行っていたクリーニング店に 「もっと高いコースならば、機械を使わない手仕上げになるのですか?」と聞いてみました。答えは「NO」。

「必要だけど提供されていないサービス」を見つけよう

そこで、高級クリーニングが売りの店で聞きました。日本全国に店があり、誰もが知っているあの店です。高級なバージョンだと、Yシャツ1枚600円(税抜)もします。Yシャツ1枚のクリーニング代としては高すぎますが、一応聞いてみました。なんと、答えは「NO」。 「えー、1枚600円もするのに・・・」  というのが、私の心の叫びでした(笑)。
そうなると、ネットで検索しかありません。 「地域名クリーニング手仕上げ」などで検索してみました。ところが、Yシャツを手仕上げしてくれる店がなかなか無いのです。結局、超小さな個人のクリーニング店が見つかり、今はそこに通っています。 「袖を手仕上げにして、ボタンが割れないようにして欲しい」この要望は多くの顧客が思っているはずです。金額にもよりますが、余分にお金を払ってもいいと思っている方も多いでしょう。
しかし、これを満たしてくれる店がなかなか無いのです。多くのクリーニング店が店内に掲示をしていますので、袖のボタンがプレスで割れることを認識している訳です。手仕上げにすれば、割れないことも分かっている訳です。しかし、そのサービスそのものが提供されていないことが多いのです。

まだ発掘されていないビジネスは、たくさんある

いかがでしょうか?どんなビジネスにも一定の流れの中で発生する事故などがあります。しかし、これを改善するためには余分な作業が発生し、手間を考えると現状の料金ではできないということもあるでしょう。そうであれば、オプション料金を用意すればいいのです。
これを選択する「意識の高い顧客」は確実に一定数いますし、この層をYシャツという入口商品で取り込めれば、スーツ、コートなどの注文も自動的に舞い込みます。このように「顧客が望んでいること」は 「あなたの目の前」にあるかもしれません。
以上。四代目シャイニング丸の内でした。